おっちょこ母の何でも日記

おっちょこちょいな母が子育てやモラ夫のこと、日々思った事などを綴っていきます^^

【0歳育児】離乳食ベビーフードのすすめ~離乳食作りに疲れたママさんたちへ

f:id:himawari810:20190218141105j:plain

赤ちゃんのお世話をする中で、夜泣きや病気などいろいろと心配事が多い中で“離乳食”に頭を悩ませるママさんたちも多いのではないでしょうか。

 

離乳食は“いろいろな食材に慣れるため”という意味合いが含まれているため、

  • いろんな食材を用意した方がいい
  • 3日かけて慣れさせた方がいい

・・といろいろありますが、手間はかかるし、赤ちゃん自身がなかなか食べてくれないものです。

 

時間をかけて作ったのに食べてくれない・・・

 

こう思ってしまうとストレスになってしまうし、何よりママとしてのプレッシャーが重くのしかかり不安ばかりが膨らんでしまいますよね。

 

そんな時は、ベビーフードを活用してみてはどうでしょうか。

 

というのも、

「赤ちゃんには手作りのものを食べさせたい・・」

「ベビーフードを使うと手抜き育児だと思われる・・」

といった想いから、無理してしまうママさんが多いからです。

 

ほんと、教科書通りに行かないのが子育てというものですよ~。

 

手抜きできる所は手抜きして、楽できる所は楽をする。

子育てってそれでいいんじゃないかなって思います。

 0歳の離乳食、冷凍したら食べない我が息子・・・

離乳食といえば、小分けして冷凍したものを一食分ずつ温めて食べさせたらいい。

 そういう話はよく聞きますよね。

 

子育てブログなどを見ていても、素敵な離乳食を作って赤ちゃんに食べさせているママもたくさんいらっしゃいます。

 

もちろん、私も実践しました!

 

でも、全く上手く行かないんですよ・・・。

 

特にうちの息子は、作った直後は食べたのに、冷凍したものは食べない・・・という事が何度かあって、結局「一度冷凍したものは食べない」という結論にたどり着きました。

 

もちろん、その結論が正しいか正しくないかは分かりませんが(汗。

 

そんな事もあって、結局はベビーフードに頼ることにしましたが、ベビーフードの好き嫌いはあるものの、気に入ったものは機嫌よく食べてくれるので、ストレスはかなり軽減されたように思います^^

大人と同じものが食べられるようになってきたら楽!?

乳幼児のご飯。

これは本当に作るのも食べさせるのも一苦労です。

 

手抜き離乳食としては、魚フライの中身だけ、総菜コロッケの中身だけ、と月齢が上がってきたら大人が食べる食事の一部分を活用するという方法もありますね。

 

でも、やっと食べるようになったかな~と思い始めた頃、今度はイヤイヤ期、反抗期が始まってくるので、何かの拍子にせっかく作ったお味噌汁がひっくり返ってしまったり。。。

 

育児で何が大変って、食事が一番大変だったような気がします。

 

ママとしては、

もう無理・・

もうイヤダ・・・

と思う時もありますが、乳幼児期は過ぎて見ればほんの一瞬の事。

 

そう長くは続かないので、上手にストレス発散しながら子育てを楽しんでいけたらいいなー、と思います。

 

健康チェックで問題がなければそれほど気にしなくても・・

基本的には赤ちゃんは、体重の増え方、便の様子、尿の量などで日々の健康状態をチェックできますし、定期検診もありますよね。

そこで問題がなければ、とりあえずは安心しても良いのではないでしょうか。

 

あとは食に対する不安、健康に対する不安があったら、相談できるようにな機関や場所が必ずあるはずですので、相談しながら進めると不安がかなり軽減されますね。

 

子育てで一番良くないのは、一人で悩む事です。

 

不安に思ったり、疑問を感じたら、できるだけ専門の人に相談するといいですし、無料で電話相談できるところもあるので、小さな事でも積極的に相談しましょう。

 

みんな、抱えている悩みはほぼ同じですから・・・ね♪

 

まずは離乳食に、ベビーフードを試してみてはいかがでしょう?^^